家

ベランダの防水加工をすれば家を守ることが可能

バルコニーの水漏れ対策

ベランダ

実は危ない水漏れ

自宅にバルコニーやベランダがあるという方は、注意しなければならない点があります。それは防水についてです。ベランダなどは基本的に防水加工が施され、家への雨水の侵入を防いでいますが、この防水加工は劣化し水漏れを起こしたり、雨漏りを発生させたりする場合があります。ここで問題なのは、屋根からの雨漏りであれば気づきやすいのですが、ベランダからの雨漏りだと雨漏りの場所が特定しにくかったり、最悪の場合壁の中に水が漏れ続けて内外装を著しく劣化させる原因にもなります。ベランダのある家を建ててから長いという方は一度ベランダの防水加工の様子を確認してみるべきでしょう。防水加工が劣化していると表面にヒビが入っていたり、水が溜まるようになります。こういった場合早めに修繕しないと雨漏りの原因になるので、業者に依頼して工事してもらった方がよいでしょう。しかし一口に防水加工といっても、ウレタンやFRPを用いるものや、シートを重ねていくもの、改良アスファルトを使うものなど様々な種類があります。それぞれ寿命や価格が異なりますので、業者に依頼する際に見積もりを取ると、適正な価格がわかりづらくなります。そこで複数業者に一括見積もりを取ることをおすすめします。また一度水漏れを起こすと取り返しのつかないことになってしまうので、防水工事専門の業者を選ぶべきだと言えます。十分な期間の保証が付いている、アフターサービスの充実した業者を選ぶのもよいでしょう。費用を抑えつつ、安心できる業者に依頼しましょう。