作業服の人

ベランダの防水加工をすれば家を守ることが可能

定期的なメンテナンス

ベランダ

見積サイトで良い業者探し

ベランダの防水機能が低下してくると、降り込んだ雨水が壁の内側にまで侵入してきて建物が傷む原因になります。ベランダの表面を確認してひび割れのようなものがあったら防水機能が低下している証拠なので、早めに対処する必要があります。ひび割れはベランダの表面に塗ってあるトップコートがはがれて出来たものです。ウレタン樹脂や繊維強化プラスチックで出来ており、水が内部にしみ込むのを防ぐ働きをしています。トップコートの下には防水層があり、2重構造で雨水の侵入を防いでいます。トップコートの劣化を放置しておくと下の防水層も劣化してきます。防水層の修理はかなり費用がかかるので、トップコートを定期的に塗りなおしていた方が費用を安く抑えることにつながります。トップコートの寿命は素材によって違いますが、平均すると5年〜10年程度です。塗り直しを行ってから5年すぎたらベランダの表面をチェックして、異常があるようならすぐに防水工事を行った方が良いでしょう。防水工事を行う際に一括見積サイトを利用するのも費用を抑えるのに役立ちます。サイトの方であらかじめ工事業者の審査を行っており、施工実績が豊富で自社で工事を行う業者を揃えています。費用を安く抑えることができるだけではなく、腕の良い職人に工事をしてもらえます。見積もりをすると営業の電話が頻繁にかかってくるのが心配という人もいますが、サイトの方から断ってもらうこともできるので安心です。

バルコニーの水漏れ対策

自宅にベランダがある方は防水加工の状態に注意しましょう。水が漏れると大変なことになります。防水加工業者に依頼して工事するべきですが、価格がわかりづらいので一括見積を取ったり、十分な保証があることを確認することをおすすめします。費用を抑えて安心できる業者に依頼しましょう。

雨漏りを防ぐ工事

屋上の防水を行っている業者を選ぶときには、防水を専門としている業者を選び、リフォームや塗装を行っている業者に依頼するのは避けます。また工事歴が長い業者は、屋上の防水に関して知識やノウハウを持っているため、質の高い施工を行ってもらえます。

防水も大事

天井から雨漏りが発生したら、そのまま放置せずになるべく早く業者に修理依頼することが大切です。その際は、屋根の修理だけではなく、防水処理をしてもらうことの他にも、壁と屋根の隙間を埋めてもらうことがポイントになります。